ウラハラとわたしとソフィアコッポラ

ウラハラとわたしとソフィアコッポラ

ロスト・イン・トランスレーション

X-girl時代、MILKFED.でゆかりのあった自分は、この映画を楽しみにしていたので公開当日、映画館へ観にいった。

このアカデミーで脚本賞をとったTOKYOを舞台にした映画が、外国人監督の撮った日本が、どんな風に映って見えてるのかが、最大のお楽しみポイントだったし、自分なりの認識してるTOKYO、日本との差を比べたりして楽しもうとしていた人は多かったのではないかと思う。そして、日本人に見える日本とは違う景色に映る部分を見つけたりするのが面白い点かもな~なんて思いながら。。。それなのに、百歩譲ってもどーしても気になるのが、出てくる日本人はみな滑稽だとうことだった。あれ?ソフィアコッポラって日本スキだったよね??

ゴーマンな態度をとるディレクター、電車の中でポルノ漫画を読む青年や、ストリップ嬢を凝視したりする性的未成熟なのに性欲旺盛な若者たち。ブキミな愛想笑いをしてくる寿司屋の大将。無気力な目でゲームに熱中する少年、西洋かぶれでアメリカ人になりきっているサーファー。。。この映画に描かれている日本人って??そしてなにより、日本人は極端に無表情な顔をしていた。

それでも、この映画の映像は美しかった。

しかし、この映画で映し出されているTOKYO、日本がイマイチにうつる理由は、他にあった。それは、スパイク・ジョーンズとのあいだにあった、個人的な感情だったのでした。このことについては、あとでお話しましょう。

エメラルドサーティーン

Lost in Translation

ひとときの恋心、永遠の思い出。“トーキョー”であなたに会えてよかった。

『ロスト・イン・トランスレーション』(Lost in Translation)は、2003年製作のアメリカ合衆国の映画。ソフィア・コッポラ監督・脚本。

東京を舞台に、倦怠期のハリウッド・スターと、孤独な若いアメリカ人妻の淡い出会いと別れを描く。

2003年最大のダークホース映画といわれ[要出典]、ソフィア・コッポラは一躍アメリカで最も注目される新鋭若手監督になった。400万ドルと少なめな予算と27日間で撮影されたこの作品は4400万ドルの米興収成功をおさめ、2003年の多くの米映画賞を総なめにした。2004年のアカデミー賞では、主要4部門の作品賞 監督賞 主演男優賞 オリジナル脚本賞にノミネートされアカデミー脚本賞を受賞。

コッポラ自身が若いころ日本に滞在しており、その体験をもとにした半自伝的作品と告白している。『ロスト・イン・トランスレーション』は言語問題だけでなく夫と妻、男と女、老人と若者、友人間などの現代社会多くの人間関係における相互理解の難しさ(アノミー)をテーマとしている。その孤独感を増幅する演出として、日本以外での上映に際しても、日本語のセリフには意図的に字幕を添付していない。

ストーリー

サントリーウイスキーのテレビCMに200万ドルで出演するために来日した年配のハリウッド俳優、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)。異なった都市で言葉も通じず孤独を感じていた。同じホテルに滞在していたシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は大学を卒業したてで結婚したばかりだが、セレブ写真家の夫ジョン(ジョバンニ・リビシ)は仕事に忙しく、ボブと同じように孤独であった。シャーロットはジョンが自分よりも、若く人気のある女優ケリー(アンナ・ファリス)などのセレブなモデルの方に興味があるのではないかと思い、未来に不安を抱いている。同時にボブはロマンスに欠ける25年の婚姻生活に疲れ、ミドルエイジクライシスをむかえていた。

ある夜、ボブは長時間に亘る撮影を終え、ホテルのバーで疲れを癒していた。ジョンや友人達とテーブル席についていたシャーロットはボブに気がつき、ウエイターに日本酒を1杯渡してもらう。二人はホテル内で顔を合わせるうちに親しくなっていく。シャーロットは日本の友人達と会う時に一緒にボブを誘い、ボブは若作りしてシャーロットの部屋に現れる。2人の間に友情が芽生え、日本とアメリカの文化の違い、世代間のギャップを経験しながらも共に東京で冒険する。

彼が発つ前々夜、ボブはホテルのバーのバンドのヴォーカリストにアプローチされる。翌朝ボブが目を覚ますと、彼女が部屋にいることに気がつき、どうやら一夜を共にしたようである。シャーロットがボブを代官山での寿司の朝食に誘うために部屋に行くが、女性が部屋にいることがわかり、しゃぶしゃぶの昼食時の空気が悪くなる。その夜、ホテルの火災報知機が鳴り、ボブとシャーロットはお互いが寂しかったことを伝えて和解し、ホテルのバーへ行く。

翌朝、ボブはアメリカ行きの飛行機に乗ることとなっていた。彼はチェックアウト直前、ホテルのロビーでシャーロットに別れを告げ、彼女がエレベーターに戻るのを寂しげに見つめる。空港へ向かうタクシーからボブは歩道の群衆の中にシャーロットの姿を見つけ、タクシーを降りて彼女を追う。ボブはシャーロットと抱き合い、涙ぐむ彼女の耳元で何かを囁く。2人はキスをし、ボブは旅立つ。

X-girlとpatagonia
阪神淡路大震災でも、ほとんど被害がなかった2×4工法を採用した地震に強い輸入住宅 東京です。

キャスト

登場人物

  • ボブ・ハリス - ビル・マーレイ(日本語吹替:江原正士)
  • サントリーウイスキーのテレビCM撮影のために来日。
  • シャーロット - スカーレット・ヨハンソン(日本語吹替:斉藤梨絵)
  • ジョンの新妻。夫の仕事について東京にやって来たがおいてけぼりを食らう。
  • ジョン - ジョバンニ・リビシ(日本語吹替:鈴木浩介)
  • シャーロットの夫。カメラマンの仕事のために来日。ソフィア・コッポラの元夫であるスパイク・ジョーンズがモデル。
  • ケリー - アンナ・ファリス(日本語吹替:小島幸子)
  • 映画女優。ボブたちが滞在するホテルで新作映画の記者会見を受けるために来日。
  • ジャズ・グループ「ソーサリート」のピアニスト - フランソワ・デュ・ボワ
  • ジャズ・グループ「ソーサリート」のボーカル - キャサリン・ランバート
  • 酔った勢いでボブと一夜を過す。
  • ジャズ・グループ「ソーサリート」のギタリスト - ティム・レフマン
  • マシュー南 - 藤井隆
  • ボブがゲスト出演した、実在のテレビ番組『Matthew's Best Hit TV』の司会者
  • チャーリー - 林文浩(日本語吹替:駒谷昌男)
  • シャーロットの友人
  • CMディレクター - DIAMOND☆YUKAI
  • 通訳カワサキ - 竹下明子(日本語吹替:桐山ゆみ)
  • コールガール - 明日香七穂(日本語吹替:増子倭文江)
  • クラブオーナー - 今井茂雄
  • ブランド「ヒステリック・グラマー」ディレクター - 北村信彦
  • HIROMIX - 本人役(カメオ出演)
  • NIGO - 本人役(カメオ出演)
  • 藤原ヒロシ - 本人役(カメオ出演)
  • 成山明光 - 本人役(カメオ出演)

主な受賞

  • アカデミー脚本賞(ソフィア・コッポラ)
  • ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
  • ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)(ビル・マーレイ)
  • ゴールデングローブ賞 脚本賞(ソフィア・コッポラ)
  • 英国アカデミー賞 主演男優賞(ビル・マーレイ)
  • 英国アカデミー賞 主演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)
  • 英国アカデミー賞 編集賞(サラ・フラック)
  • インディペンデント・スピリット賞 作品賞
  • インディペンデント・スピリット賞 監督賞、脚本賞(ソフィア・コッポラ)
  • インディペンデント・スピリット賞 主演男優賞(ビル・マーレイ)

主なロケ地

  • パークハイアット東京
  • 代官山 AIR
  • 上目黒 - 中目黒駅周辺
  • 成願寺
  • 河口湖カントリークラブ
  • 東京医科大学病院
  • 南禅寺
  • 平安神宮
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]