ウラハラとわたしとソフィアコッポラ

ウラハラとわたしとソフィアコッポラ

スパイク・ジョーンズ

ソフィアコッポラとスパイク・ジョーンズが結婚していたこのときがイチバン好きだった。

スパイク・ジョーンズ は映画監督になる以前は多くのユニークなミュージック・ビデオの監督として有名ですが、そのきっかけになったのはソニック・ユースが彼のスケボービデオを気に入り「100%」のミュージックビデオ監督に抜擢したことでした。

そしてソフィアコッポラもソニック・ユースとは以前から交流がありましたから、ファッションブランドX-girlを立ち上げたキム・ゴードンの影響を受けて、95年にブランドMILK FED.を立ち上げていましたけど、このあたりから映像制作にも関わるようになり、いわゆる「ガーリー・カルチャー」の中心人物となっていったと推測します。というわけで、キッカケはソニック・ユースとの交流からはじまり、そんな二人の共同作品となったのが、97年に発表されたケミカル・ブラザーズ「Elektrobank」のPV。スパイクが監督で、ソフィアはなぜか新体操の選手役として登場していますが、ケミカル・ブラザーズのビートと新体操という組み合わせがユニークなとてもスパイクっぽいビデオで、この頃から本格的な交際が始まったのではないでしょうか。

そんな二人が結婚したのは99年でしたが、この年にはスパイクは長編一作目であって、あまりにも奇想天外なストーリーが話題となった『マルコヴィッチの穴』が公開されました。そしてソフィアコッポラも同じく長編一作目『ヴァージョン・スーサイズ』も公開され、「フランシス・コッポラの娘」という事や、ガーリー・カルチャーの盛り上がりもあって、大きな話題となりました。

スパイク・ジョーンズの二作目の作品『アダプテーション』の主演は、ニコラス・ケイジ。彼は言うまでもなく、ソフィア・コッポラのいとこです。ソフィアとの関係からこのキャスティングとなった可能性は十分あります。しかし『アダプテーション』の翌年である2003年に二人は離婚。真相は不明ですが、一説によればスパイク・ジョーンズが『マルコヴィッチの穴』に出演していたキャメロン・デイアスと浮気をしたからと言われています。。。

離婚する前に『ジャッカス・ザ・ムービー』が公開されています。この撮影の為にジャッカス御一行は日本に来ていて、これにソフィア・コッポラも同行していたようですが、そんな妻をホテルにほったらかし状態?にして、寿司屋で鼻からワサビ吸ってゲロを吐くなんてことを毎晩やっていた模様。これがのちに、ロスト・イン・トランスレーションのあの怠惰な雰囲気を作り出したのかもしれません。そこから読み取ると、ロスト・イン・トランスレーションでの日本に対する「馬鹿にした感じ」はソフィアコッポラの当時の感情と感覚に過ぎないのかもしれません。あーあ、もっと楽しんでってくれればよかったのに^^

で、『ロスト・イン・トランスレーション』の話に戻ると、劇中登場する妻をほったらかして仕事に熱中する「カメラマンの夫」は見た目がスパイク・ジョーンズ にそっくりだし、夫の浮気相手(頭空っぽのバカとして描いてる)のモデルはキャメロン・ディアスと囁かれています。ちなみにの現在の夫はバンドフェニックスのボーカルであるトーマス・マーズで彼との出会いは『ロスト・イン・トランスレーション』サントラへの参加だったようです。

『かいじゅうたちのいるところ』でいくつか興味深い場面がありました。原作者のセンダックに「君の個人的な作品として撮るべきだ」と進言を受けた事もあってか、本作には原作には登場しないマックスの姉が登場しています。これはスパイクの幼少期の家族構成(両親は離婚して母と姉の三人暮らし)と同じです。また「かいじゅう」のキャロル(優しい面もあるけれど子供っぽく癇癪する事がある)をスパイク自身と考えると、かつてキャロルの恋人だったが今は別れているKWはソフィアがモデルなのかなーと妄想を膨らます、、、^^

スパイク・ジョーンズは1969年10月22日生まれ、アメリカ合衆国の映画監督・脚本家・プロデューサー・俳優。

X-girlとpatagonia
あなただけのデザインで作れる!オリジナルデザインのフルカラーステッカーやカッティングステッカーのご注文はぜひカッティングステッカーまで!当サイトからお見積りいただけます!

人物

1969年メリーランド州ロックビルに生まれる。父親は管理コンサルタントで母親も通信コンサルタントとして働いていた。本名はアダム・スピーゲルだが、バイト先のBMXの販売店でのニックネームがスパイク・ジョーンズだったことから現在もその名を使用している。

1980年代になるとフォトグラファーとして活動を始めた。その後、GAPやアディダスなどのテレビCMをディレクターとして手掛け、1992年からはミュージック・ビデオの監督として活動を開始。これまでにビョーク、ビースティ・ボーイズ、テネイシャスD、ケミカル・ブラザーズ等のミュージック・ビデオを多数手がけ、その新鮮な映像で注目される。中でも巻戻しで再生しているファーサイドの「ドロップ」のPVは有名。またクリストファー・ウォーケンを起用したファットボーイ・スリムの楽曲「Weapon of Choice」のプロモーションビデオは2001年のMTVミュージック・ビデオ・アワードを受賞した。

1999年にチャーリー・カウフマン脚本による『マルコヴィッチの穴』で映画監督デビューし絶賛を受け、アカデミー監督賞候補となる。続いて、やはりカウフマン脚本による『アダプテーション』を監督しベルリン国際映画祭銀熊賞 (審査員グランプリ)受賞した。また、俳優としても『ゲーム』『スリー・キングス』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの何本かの作品に出演している。

かつて日本で放映されたソフトバンクのテレビCM(「ボディ・ガード」)のディレクターも担当しており、ブラッド・ピットを大相撲力士の武蔵丸のボディ・ガードに見立てていて、視覚的にもユーモラスな内容になっている。

私生活

1999年に映画監督のソフィア・コッポラと結婚したが、2003年に離婚。2008年秋から女優のミシェル・ウィリアムズと交際していたが、破局した。なお、元妻のソフィアが監督・脚本を担当した『ロスト・イン・トランスレーション』に登場するジョヴァンニ・リビシ演じるヒロインの夫は、ジョーンズがモデルとされている。同作品はかつてソフィアがジョーンズと共に来日した経験を基にしている。2010年には菊地凛子と交際が報道された。

エメラルドサーティーン

代表作品

映画

  • マルコヴィッチの穴 Being John Malkovich (1999年) 監督
  • スリー・キングス Three Kings (1999年) 出演
  • ヒューマン・ネイチュア Human Nature (2001年) 製作
  • アダプテーション Adaptation (2002年) 監督
  • ジャッカス・ザ・ムービーシリーズ jackass (2002年、2006年、2011年) 製作総指揮
  • 脳内ニューヨーク Synecdoche, New York (2008年) 製作
  • かいじゅうたちのいるところ Where The Wild Thing Are (2009年) 監督
  • アイム・ヒア I'm Here (2010年) 監督・脚本
  • ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street (2013年) 出演
  • her/世界でひとつの彼女 her (2013年) 監督・脚本
  • ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中 Jackass Presents: Bad Grandpa (2013年) 製作

テレビシリーズ

  • ジャッカス 総監督

ミュージックビデオ

  • "100%" by ソニック・ユース (1992)
  • "Cannonball" by ブリーダーズ (1993)
  • "Country At War" by X (1993)
  • "Daughters of the Kaos" by ルシャス・ジャクソン (1993)
  • "Hang On" by ティーンエイジ・ファンクラブ (1993)
  • "Time For Livin'" by ビースティ・ボーイズ (1993)
  • "All About Eve" by マークスマン (1994)
  • "Buddy Holly" by ウィーザー (1994)
  • "Ditch Digger" by ロケット・フロム・ザ・クリプト (1994)
  • "Divine Hammer" by ブリーダーズ (1994)
  • "Feel the Pain" by ダイナソーJr. (1994)
  • "I Can't Stop Smiling" by Velocity Girl (1994)
  • "If I Only Had a Brain" by MC 900 Ft. Jesus (1994)
  • "Old Timer" by ザット・ドッグ (1994)
  • "Ricky's Theme" by ビースティ・ボーイズ (1994)
  • "Sabotage" by ビースティ・ボーイズ (1994) (also writer)
  • "Sure Shot" by ビースティ・ボーイズ (1994)
  • "Undone (The Sweater Song)" by ウィーザー (1994)
  • "California" by ワックス (1995)
  • "Car Song" by エラスティカ (1995)
  • "Crush with Eyeliner" by R.E.M. (1995)
  • "Freedom of '76" by Ween (1995)
  • "It's Oh So Quiet" by ビョーク (1995)
  • "The Diamond Sea" by ソニック・ユース (1995)
  • "Who Is Next?" by ワックス (1995)
  • "Drop" by ファーサイド (1996)
  • "Da Funk" by ダフトパンク (1997)
  • "Electrolite" by R.E.M. (1997)
  • "Elektrobank" by ケミカルブラザーズ (1997)
  • "It's All About the Benjamins (Rock Remix)" by パフ・ダディ (1997)
  • "Liberty Calls" by マイク・ワット (1997)
  • "Shady Lane" by ペイヴメント (1997)
  • "Sky's the Limit" by ノトーリアス・B.I.G. (1997)
  • "Home (Sean Lennon song)" by ショーン・レノン (1998)
  • "Praise You" by ファットボーイ・スリム (1998)
  • "Root Down" (version 2) by ビースティ・ボーイズ (1998)
  • "The Rockafeller Skank" (version 1) by ファットボーイ・スリム (1998)
  • "Weapon of Choice" by ファットボーイ・スリム (2000)
  • "What's Up, Fatlip?" by Fatlip (2000)
  • "Wonderboy" by テネイシャスD (2000)
  • "Island in the Sun" (Version 2) by ウィーザー(2002)
  • "It's in Our Hands" by ビョーク(2002)
  • "Big Brat" by ファントム・プラネット (2003)
  • "Get Back" by リュダクリス (2004)
  • "Y Control" by ヤー・ヤー・ヤーズ (2004)
  • "Triumph of a Heart" by ビョーク (2005)
  • "Blessed Evening" by フィタース (2005)

CM

  • "Guerrilla Tennis"-ナイキ
  • "Car"-リー
  • "Doctors"-リーバイス
  • "The Morning After"-アディダス
  • "Lamp"-イケア
  • "Hello Tomorrow"-アディダス
  • "Pardon Our Dust"-GAP
  • "Penguin"-ミラー
  • "Bodyguard"-ソフトバンク
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]